おかのさんのバスブログ

近鉄バスの写真については随時除籍や転属について書いていこうと思います。

九州産交バス (866) なんぷう号 乗車記

去年の2月頭の話(1年前のこと)

 

熊本についちゃったわけですからひなたライナーの発車する宮崎にはなにかしら移動しないといけない。しかも宮交シティの発車は18:40と驚異の19時前(京都駅だと18:25に発車する鬼畜っぷり)

ある程度バス撮って産交の夜行車が充当されがちなダイヤを狙って宮崎に行くことにしてみました。

 

<簡単な説明>

九州産交バス宮崎交通の2社共同運行。熊本-宮崎を結んでます。全便3列ですが九州にありがちな偏心3列(2+1)と独立3列の2種類あり、ハイウェイバスドットコムから確認できます。ハイウェイバスドットコムから予約可能で座席指定もできます。早割(Web早割5)と一部の日に学割あり。詳しくは↓

www.kyusanko.co.jp

www.miyakoh.co.jp

 

始発から終点までの所要時間はほぼ4時間で距離は200km。休憩は2回です。

 

熊本交通センター仮バスターミナル(12:30)~宮崎駅前(16:03)で乗車。

f:id:Tilkiss:20200206120129j:plain

(撮影場所は最初のSAの宮原SA)
やってきたのは3列では1台しかいないエアロエース

 

f:id:Tilkiss:20200206144054j:plain

内装はこんな感じです。写真では見えませんがレッグレストがまさかのなし...。おまけにコンセントも無しな上に乗車半年前に車内ビデオサービスも終了しているというド鬼畜仕様。Wi-Fiもなく、ブランケットはあったかもしれませんが覚えておらず。

 

熊本駅の時点では乗車人数6人ほどとかなり少なく。まぁ平日で1時間ヘッドに走ってりゃそんなもんかなという感じも。熊本駅以降高速乗るまでには乗車はなく九州自動車道流入

 

高速に乗ってからも特に景色が面白かったというわけでもなくウトウトと...。

 

最初の休憩地の宮原SAでは10分ほどの休憩。

 

そっからさらにウトウトしてたら宮交シティ手前。お天気はすっかり雨模様に。終点の宮崎駅前にはほぼ定刻での到着だった記憶。

 

-感想-
全便3列は快適!産交の場合は当たりだと22ナンバーの車や対本州向けだった車にも乗れるからガチャ。僕が今回乗ったやつは一番外れな車な気がするけど。

 

おわり。

 

車両情報